狸温

宝塚ブログ


銀二貫

こんばんは。。。狸温でございます
本日2回目の更新です。


昨日と今日で、オンデマンドで雪組バウ公演「銀二貫」(谷先生演出)を観たんですよ。主演は月城かなとさん(現月組)とヒロインが有紗瞳さん(現星組)です。


 月城かなとさんは、武士の子供で、鶴之介という役柄です。
物語は、鶴之介(子役:彩みちるさん)が10歳の時から始まります。お父様お侍と鶴之介の前に、敵討ちだというお侍が現れます。お父様は、そのお侍に切られます。それを見ていた寒天問屋の主人(華形ひかるさま)が、火事で焼けた天神様に寄進するために集めた銀二貫を敵討ち侍に差し出し、この敵討ち銀二貫で買いたいと頼みます。ちょっとおお、許可を取った敵うちなんですかああと脅しもします。(もちろん、低姿勢で言葉ももっとオブラードに包んで)敵討ち侍は銀二貫を受け取り去って行きます。お父さん侍は亡くなり、鶴之介だけが生き残ります。


 ここまで、観た時は前知識がなかったので、きっと、鶴之介が成長して、立派なお侍になって、敵討ちの敵討ちでもするのかな~~っと思っていました。主演月城かなとさんというお侍が似合いそうなジュンヌさんだし。


 しかし、全く違いました。鶴之介が立派に生きて、立派な商人になり、恋い慕った「いとはん」をお嫁さんにもらう話でした。


 この敵討ちを買い取った寒天問屋のご主人と番頭はん(英真なおきさま)がとっても良い味出しています。


 寒天問屋のご主人は、鶴之介をすぐに自分の店に引き取ることもしません。大の男でも逃げ出すくらい寒くて辛い寒天場(い草から寒天を作るところ)に預けてしまいます。


 寒天場の様子は、舞台では出てきません。しかし成長した鶴之介(月城かなとさん)が寒天問屋にお使いにやってきて、そのまま寒天問屋に奉公することになります。そして名前チェンジです。鶴之介では丁稚奉公らしくないということで、名前は松吉にチェンジです。鶴吉にならなかったのは、以前寒天問屋に鶴吉という仕事のできない人がいて、縁起が悪いということでした。(確かに商店には縁起が悪い~)
 松吉は、小料理屋のお嬢さんの真秀(有紗瞳さん)に淡い恋心を抱いたりして、順調に物語が進みます。


 しかし、試練の時が、真秀の店の周辺が火事になり、真秀も真秀の父(松吉に良くしてくれる人)も行方不明になります。


 そうこうしているうちに月日が経過して、寒天問屋に寒天を卸していた伏見の寒天場(松吉が働いていたところ)が火事で店を閉めることになり、良質の寒天しか売らない主義の寒天問屋も経営の危機になります。


 しかし、松吉の機転で、松吉の兄職人がハラマチというところで、寒天場を始めたことを思い出し、そこから良質の寒天を仕入れられることになり、寒天問屋の危機が救われます。そして、真秀も火事から助け出されていて、テツという団子屋の娘として暮らしていました。真秀の父は火事で亡くなっていました。そして、団子屋のお母さんは、同じ火事で娘を亡くして、真秀をテツ(自分の娘)だと思い込んでしまったのです。


 そうこうしているうちにもっと話が進みます。敵討ちから19年経過します。寒天問屋のご主人と番頭はんは、天神様に寄進する銀二貫をとうとうためます。(番頭はんは火事で働いていた店と店の仲間を亡くし、寒天場で働いていた経験あり。天神さま銀二貫を寄進することにこだわりありです。)


 でも、ハラマチの寒天場が伏見の寒天場(再開した)の若旦那から嫌がらせにあい、天草(材料)が手に入らなくなります。
 ここでも、寒天問屋のご主人と番頭はんは、広くて大きな心を見せます。銀二貫を新しい仕入れ先を見つける資金として提供するのです。あんなに天神さまに寄進できるお金ができたことを喜んでいたのに。泣きそうになりましたよ。華形さまと英真さまの演技が光っています(涙)
 まあ、ハラマチの寒天場がうまくいって、3年後には天神様に念願の銀二貫を寄進することができました@@やった~~~~
そして、松吉と真秀ちゃんの結婚式です。


 華形さまと英真さまの「銀二貫でええ買い物(松吉の命)した。」「安い買い物でした。」で物語りの全てを語っていました。これをいうためのお芝居ですな
 
 何年も何年も恨みがましい敵討ちより、辛くてもきちんと生きていくということが大変で大切なことだということに気がつける~
 
良い話でした。






オーシャンズ11♡ベネディクト

こんばんは。狸温でございます。
オーシャンズ11の配役でましたね~~~
先月映画を観た時から、気になっていた♡ベネディクト
期待通り桜木みなとさんでした。怜悧で、実利的で悪いイケメン。。。絶対みなとさんにはまるよ。。。今までにはなかった一面を見せてください。
95期さんたちの勢いいいですね。みなとさんもこのまま3番手になるのかしら。それも良し。


オーシャンズ11は映画しか観ていないのですが、


花組版では、ベネディクト役は、望海風斗さま
星組版では、ベネディクト役は、紅ゆずるさま
なのですね。望海さまはベネディクト、想像できる。あの端正な顔で冷たく実利的に動いてそう。。。今度映像観てみよう。(花組は、斗亜ちゃんライナス役)
紅さまのビジュアルは、ベネディクト良さそう。演技力もあるので、結構良かったのでは???顔芸はしていないよね。こちらも機会があったら観てみよう。(星組では、斗亜ちゃんはボブ役。ボブなんて映画で出ていたっけ?)


オーシャンズ11、何回でも観たい!!!




20世紀号に乗って~落選(涙)

こんばんは、「20世紀号に乗って」の友の会抽選落選しました。
先週のアルジェの男に、引き続き「残念メール」がきました。
当選された方おめでとうございます。


本当に、宝塚友の会の別箱抽選は当たらない~~~~~~。それでも抽選申し込みに入力しなければ、戦う前に勝負を降りる気がするので、入力はする。


 「20世紀号に乗って」は、某旅行社の先行販売で、仕事時間であるにも関わらず、挑戦したおかげで平日18時開演のB席は取れています。全く見れられないことはないけど***。ファントムは1回しかいけないし、もっと雪組観たい。


 しかしな~「アルジェの男」のチケットの方が手に入らない気がする。礼さまの主演公演観たいのになああああ



 でも、一番の押しである斗亜ちゃんの群盗は、3日連続(土・日・月)で観に行けます。うち、二日分はクレジットカードの先行先着販売と友の会の一般販売で、A席ですが取れました。先行先着と一般販売は無理かなと思いましたが、挑戦したかいがありました。(そういえば、星組サンダーボルト・ファンタジーも、友の会一般販売で土曜日のA席取った!!観た!!!よかった~♡ショウ・フカン)友の会の抽選とは、あまり仲がいいとはいえませんが、何気に一般販売と少し仲がいい~~私。


今年の観劇予定は、1月がOTT2回(あと1回)とファントム1回。2月は今のところなし(ファントムと黒い瞳のライビューは行きたい。)3月は、斗亜ちゃん3回とエルベ2回、4月カサノバ1回と20世紀号に乗って1回です。もっと生で観劇したい。結果が出ていない抽選もあるので、もう少しだけ、観劇増やせるかな~~~~


                           では


紅さま☆コメディー

こんばんは・・・。狸温でございます。
公式サイト見たら、出てましたね。星組次回公演。


小柳先生演出のコメディーです。
ミュージカル・フルコース
『GOD OF STARS-食聖-』
 作・演出/小柳 奈穂子


ホン(紅)とかアイリーン(愛里)とか、めちゃくちゃ当て書きっぽい役名~~~~。コメディエンヌ紅さまの本領発揮ですね~~^。これは是非みたい。コックさんの紅さま。裏切り者の悪いコックさんの礼さま。礼さまも悪かっこいいのかな~~~似合う。
紅さまが総帥していたグループが大金星(グランド・ゴールデン・スター)で、出場するコンテストが、ゴッド・オブ・スターズなんて、星組のために書かれた脚本だね☆☆☆
 しかし、紅さま、得意分野のコメディーで、紅さま、愛里さま、星組の当て書きぽいのがきたということは、やっぱり二人も最後なのかな~~~



ショーは酒井先生です。
スペース・レビュー・ファンタジア
『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』
 作・演出/酒井 澄夫


世界各地を歌い踊るなんって、まさに☆☆スター星組ですね。クラシカルで現代的なショーか、よく分からないけど楽しそう。星組の派手さ堪能したい。ゴージャスなレビューって書いてあるものね。


まだ、エルベとエストレージャスも観ていないのに、次回公演が楽しみになってきました。
とりあえずNHK BSプレミアムの放映のエストレージャス(録画)を観よう☆




星組公演


■主演・・・紅 ゆずる、綺咲 愛里


◆宝塚大劇場:2019年7月12日(金)~8月19日(月)
 一般前売:2019年6月8日(土)
◆東京宝塚劇場:2019年9月6日(金)~10月13日(日)
 一般前売:2019年8月4日(日)


ミュージカル・フルコース
『GOD OF STARS-食聖-』
 作・演出/小柳 奈穂子


 上海の総合料理チェーン“大金星(グランド・ゴールデン・スター)グループ”の総帥にして、三つ星天才料理人として世界にその名を馳せるホンは、ある時弟子のリーに裏切られ、これまで築き上げてきた全てを失ってしまう。シンガポールの下町へと流れついたホンを助けたのは、行方不明の父親に代わって、自ら食堂を切り盛りするアイリーンとその仲間たちだった。高慢なホンと気の強いアイリーンは反発しあいながらも、料理に情熱を燃やす者同士次第に心を通わせていき、力を合わせて店を大繁盛させるのだった。やがて、ホンとアイリーンは世界最高の料理人を決める“ゴッド・オブ・スターズ”へ参加する資格を得る。しかし、ホンの存在に気づいたリーの策略で、ホンとアイリーンは離ればなれになり、ホンは行方不明になってしまう。アイリーンはホンの名誉のためにコンテストへ出場することを決心する。果たしてアイリーンは、そしてホンは、星を取り戻すことが出来るのか…。
 上海、マカオ、シンガポール、ドバイ等のゴージャスでスタイリッシュな現代のアジアを舞台に華やかに描き上げる、アジアン・クッキング・コメディー。


スペース・レビュー・ファンタジア
『Éclair Brillant(エクレール ブリアン)』
 作・演出/酒井 澄夫


 宇宙から地球に舞い降りた青年が、世界各地を舞台に歌い踊る姿を描いた美しくゴージャスなレビュー。宝塚歌劇が大切に紡いできたクラシカルなレビューに、現代的な要素も取り入れた構成でエネルギッシュに展開致します。紅ゆずる率いる星組が一丸となってお届けする、煌めく閃光のような輝きに満ちたレビューをお楽しみください。   


ドン・ジュアン②

こんばんは。。。狸温でございます。


ちょっと、間が開いているのですが、ドン・ジュアンの2幕目も見終わっています。


ドン・ジュアン2幕目は、ドン・ジュアンが幸福です。マリアと一緒にベットで寝ている顔は天使のようでした。望海風斗さまの端正なお顔が美しく和らいでいます。あの人を食ったニヤニヤ笑いはもうしません。
 1幕目の最後に、マリアが彫った騎士団長の像の除幕式に、マリアに会いに来たドン・ジュアン。騎士団のメンバーに拒まれ、土下座までさせられていました。それでも騎士団のメンバーはドン・ジュアンを許しません。追い返そうとします。そこにマリアが現れて、「ドン・ジュアンを拒む原因の像などいらない。(セリフは正確ではありません。」と騎士団長の像を破壊します。


ドン・ジュアンはマリアを心底愛して、マリアを信頼しています。でも、騎士団長の亡霊の呪いは続きます。


ドン・ジュアンの自称妻エルヴィラやマリアの婚約者ラファエルは、二人を許しません。有沙瞳さんの美しく激しい歌が響きます。
ラファエルは、居酒屋で、ドン・ジュアンを殺そうとします。その時に、マリアに婚約者がいるのを知るのです。再びどん底に落ちるドン・ジュアンは、ラファエルに決闘を申し込みます。
咲ちゃん(役名ど忘れ)は、ドン・ジュアンを必死で止めますが、ドン・ジュアンは聞きません。咲ちゃんは、ドン・ジュアンに「おまえの方が強い。ラファエルが死んだら、マリアはおまえを許さない。(セリフは正確ではありません。)」。それでも。。。。。。


 最後はラファエルの剣で串刺しになるドン・ジュアン、望海風斗さまのお顔、絶望から解放されていくお顔。。。望海さま、歌もいいけど、何よりも表情がいいですよね^^お顔を見ていると切なさが伝わってきます。望海様、トップスターと言うより、良い役者でよね。何か心に刺さる。
ドン・ジュアン、生まれ変わるなら普通のいい人になりなさい。幸せになれる人だから。と余計なことを言ってあげたくお話でした。